強姦








強姦は、強姦罪で定義され暴行又は脅迫を用いて性的暴力を加える行為のこと。

個人(主に女性、男性同士の場合は男性)の性的自由を暴力あるいは脅迫で攻撃し、貞操を侵害する行為(強かん)(レイプ)とも。

被害者となった人物に対し多大な肉体的・精神的苦痛をもたらすものであるだけでなく、感染症に感染したり、女性が被害者であった場合には自身が望まない妊娠をさせられたり、そのケアの結果として生殖能力を失ってしまうこともある。

また懐妊した子の父性の混乱をもたらす、家庭生活の平和が破壊されるなど深刻な被害が発生する危険性が強いため多くの文化圏においては宗教的な貞操観念などとも結びつくことによって性犯罪の中で最も重い犯罪(強姦罪)として国家権力による処罰の対象とされている。

強姦の被害者は医療機関ですみやかに受診し外傷や性感染症およびその他の感染症のチェックを受ける必要がある。

告訴するなら医師の証言は重要となる。

妊娠の心配がある場合はモーニングアフターピルの服用についても相談する。

不幸にも妊娠してしまった場合には母体保護法14条1項第2号により妊娠中絶が認められている。

被害者が心的外傷後ストレス障害(PTSD)を経験する場合も多く、産婦人科での内診も被害に遭ったことが原因でフラッシュバックを起こして内診が出来ない人もいる。

警察の性犯罪相談窓口や救援団体などに相談すれば女性の職員による具体的なアドバイスを得ることができる。


日本の報道などでは次の理由により「強かん」と表記されることもある。

「姦」の漢字が常用漢字ではないため、あまり見慣れない
「姦」の漢字が女性差別的であるとして使用を避けるべきという主張がフェミニストなどからなされることがある。

以上の理由に加え、被害者やその親族等に対する配慮からも、新聞・ニュースなどの報道上では「強姦」「強かん」という語はほとんど使われることはなく、代わりに「婦女暴行」さらに略して「暴行」と置き換えられることが多いが、単なる「暴行」では刑法第208条の「暴行罪」と混同し比較的刑の軽い犯罪行為という誤った解釈がなされることがあるため注意が必要である。

「乱暴」というさらに弱めた表現も見られる。

最も刑法第208条の暴行罪による事件が報じられるケースなどほとんどないため新聞などで「女性へ暴行」「〜による集団暴行」のような見出しがあれば強姦罪(または強制わいせつ罪)のことと考えても差し支えない。

ただし「強姦」と「暴行」では語感に相当な開きがあり「暴行」では被疑者の悪性を希薄化することにもつながり最近では「強姦」と表記するメディアも増えてきた。

また週刊誌や小説などでは凌辱(陵辱)や英語のレイプ(rape)という表現が用いられることもある。


提供:フリー百科事典
ウィキペディア(Wikipedia)



視聴動画!見放題
アダルトDVD通販



topn



- mono space -