後背位








後背位は、性交体位の一種で日本語での通称はバック。

女性または受け役が四つん這いになって肘をついたところに男性または立ち役が膝をついて背後から性器を挿入する体位。

性交に慣れたカップルには有名であるが女性によっては動物のようで恥ずかしくて嫌だという感情を持つ者もいる(逆に、獣になったようで興奮するという者もいる)。

後背位が動物的と云われる理由は女性が四つんばいの姿勢を取ること、それにほ乳類の大部分の性交体位と似ているからである。

ただし、一般には女性が膝をつくので厳密には異なっている。

ペニスに挿入する前に男性の勃起したペニスの亀頭を女性のクリトリスに擦り付けて摩擦し、女性の性欲を高められる。

後背位中の男性は女性の尻を掴むより腰を掴んだ方が良いとされる他、正常位よりもペニスが深く挿入されるために女性側の性感にも差異があるとされるが医学的な検討は行われていない。

男性が女性との結合部や肛門を眺めながら深い挿入を行える体位でもあるが女性の顔や乳房を眺めるには適していない。

ただし男性は腕が自由になるので女性の身体を掴みながら腰を使いやすい、女性の乳房や肛門を初め身体の各部への愛撫を行いやすいという利点がある。

膣口が背中側に近い下付き女性にとっては楽な姿勢だが膣口が腹側に近い上付き女性は背中をエビのように反り曲げて腰の部分を浮かせるようにしないと挿入がし辛く、そのような姿勢を長時間続けるのは身体への負担が大きい。

肉付きが良い女性だと臀部の肉が障害となり性交そのものが困難になることもある。

また、結合部の高さがちょうど良い位置に来ない場合に中途半端なガニ股などの無理な体勢を取ると男女のいずれか両方とも腰を痛める可能性がある。

一般的には女性の腹や胸の辺りに枕などの支持物を挿み置いたり女性が上半身を机や椅子の上に預けると良いであろう。


提供:フリー百科事典
ウィキペディア(Wikipedia)



性的趣向大解放
SMグッズ通販



topn



- mono space -