キンゼイ報告








キンゼイ報告(きんぜいほうこく、Kinsey Reports)とは、アメリカの性科学者であるアルフレッド・キンゼイ(Alfred Kinsey)が発表した、人間の性行動に関する報告書。


同性愛
キンゼイの報告によると、サンプルされた成年男性の46%が両方の性別の人に性的に「反応した」と回答している。

また、37%は少なくとも1度以上の同性愛の経験を持っていた。20歳から35歳の白人男性の11.6%は同性愛と異性愛の両方の経験者であった。

さらにサンプルされた男性の10%が「16歳から55歳の間の少なくとも3年間、多かれ少なかれ、専ら同性愛だった」という調査結果がある。

また、20歳から35歳の女性の2〜6%は同性愛と異性愛の両方の経験者であり、1〜3%は専ら同性愛者であった。


自慰
女性の62%、男性の92%は自慰の経験がある。


既婚者の性交
既婚者の性交の頻度は、既婚女性へのアンケートによると、10代の場合一週間に2.8回であり、30歳未満では一週間に2.2回、50歳未満では一週間に1.0回であった。


性的虐待
4441人の調査対象女性のうち24%が子供時代に性的虐待を受けており、近親者による性的虐待の体験率は5.5%、父親または義理の父親によるものは1.0%であるという報告がなされ、一時パニックとなった。

不倫
全ての結婚した男性の約50%は、結婚生活の間いくらかの婚外恋愛の経験があった。
女性の26%は婚外交渉を持っていた。

サド・マゾ
女性の12%、男性の22%は、サド・マゾヒスティックな話に対する性愛の応答を持った。女性の55%、男性の50%は噛まれることに性愛的に応答したと報告する。


批判
キンゼイ報告は、方法論問題で批判された。
「ランダム」であるべきサンプルの内の25%は刑務所(当時から刑務所内での強姦は存在した)にいたことのある前科者、5%は男娼であり、また、タブーである性行為を赤の他人に面接で打ち明けること恥じない人間をサンプルにすれば、当然そのようなタブー行為を経験したものが高い割合で存在するのではないか、という意見はレポートの発表当時から学会では存在した。

これらの批判に対する応答において、キンゼイの後継者は、その意味された汚染のデータを「クリアにする」のに数年を費やした。

例えば、基礎的サンプルにおける囚人数から得られた材料全てを除去するなどである。

1979年にその結果は示されたが、ポール・ゲバード(Paul Gebhard)の結論(「The Kinsey Data: Marginal Tabulations of the 1938-1963 Interviews Conducted by the Institute for Sex Research」)として、正見積書のうちのいずれもその結果は囚人と男娼のサンプルによって影響を受けなかった。

ゲバードの再算出によれば、男娼と囚人を除いたサンプルによれば37%の代わりに36.4%の男性が同性間での性交を経験、10%の代わりに9.9%の男性がゲイ(過去数年同性愛以外の経験が無い)であるとの結果が出た[1]。

キンゼイ報告書の問題点は初歩的な社会統計手法を理解している者には明らかで、学会では発表当時から報告書に対して批判的な見解を示していたが、キンゼイの理系の生物学の博士としての社会的信用、万を超えるサンプル数、さらに報告書の結論が当時の進歩的風潮に大いに迎合していたことなどから、報告書のアメリカ社会に与えた影響は大きい。


提供:フリー百科事典
ウィキペディア(Wikipedia)



大人のおもちゃ
アダルトグッズ通販



topn



- mono space -